2013年7月28日(日)

2013年7月28日主日礼拝

主の御名を賛美いたします

テモテへの手紙(第一)のシリーズでは、「築き上げる」をテーマに
学んできましたが、本日の礼拝では、第6回(最終回)
「真の命を得るために築く教会」と題して、
上山先生にメッセージを取り次いでいただきました。

わたしたちは、真理に背く教えや、金銭にまつわる誘惑に
引き込まれそうになることがあるのではないでしょうか。

自己中心に陥り、頼りにならない富みに執着してしまうわたしたちですが、
パウロは、神の前に謙遜であること、罪人であることを自覚すること、
より頼むものはただ神しかないことを説きます。

わたしたちは、互いに、人を自分よりもすぐれた者と思い、
自分のことだけでなく、他の人のことも顧みることが
できているでしょうか。

神様は、すべての物を豊かに与えて楽しませてくださる方であり、
必要を求めていくとき、必ず与えてくださる方です。

金持ちの青年が、「永遠の命を得るには、どんな善いことをすればよいのか」
とたずねると、イエス様は、「自分の持っているものを売り払い、
貧しい人々に施せば、天に富を積むことになる」と教えられました。

青年はこの言葉を聞いて悲しみながら立ち去りましたが、
わたしたちはどうでしょう?

誰かのために、惜しみなく施し、喜んで分け与えることができているでしょうか。

永遠の命をいただいた者には、主からゆだねられた使命がきっとあります。
ひとりひとりに、あなたにしかできないことがゆだねられているでしょう。

主の教会を築き上げるために、与えられた賜物がそれぞれの場で
用いられるよう祈ります。

「何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。
そうすれば、これらのものは加えて与えられる。」
(マタイ6:33)

27日(土)には、BJF、BICF日本語教会のOB会が開かれました。
たくさんの方が集われ、和やかに楽しいひとときがもたれました。
週報にご報告しておりますので、ぜひご一読ください。

今週も聖霊に満たされ、主の平安がみなさまのうちにありますように。
どうぞお元気でおすごしください。